なぜ権利が関係あるのか

女性

youtubeで動画を作成する場合に、音楽を入れるとしたらそこに著作権の問題があることを知っておきましょう。人が作った音楽に関しては、著作権の問題があり勝手に利用することはできません。ただ利用出来ないといっても、全部ができない訳ではありません。著作権を放棄した場合やすでに50年以上経過している作品に関しては、自由に利用してもらうことになります。それ以外の場面では、まるまる音楽を流す場合などでなければ問題ないとされていることもあります。例えばわずか数秒の間だけ流すならば、権利を侵害さごとに上がらないはずです。しかしこの基準はあまり明確なものではありません。問題ないと感じられるものでも後になって訴えられてしまったら、たまったものではりません。そこで、不安な場合には楽曲の権利に関しての知識を持っている弁護士などを利用すると良いでしょう。

権利関係をはっきりしたい

youtubeを利用して音楽を借りる場合には、著作権がどこまで適用されるか明確でないことが多いです。後でトラブルが発生することを防ぐために、弁護士を利用する必要があるでしょう。弁護士を利用する目的は間違いなく、楽曲の権利をはっきりさせ利用できるかどうかを判断してもらうためです。弁護士といってもいろいろな種類の専門を持っている先生がいます。一つの法律事務所でもいくつかの先生がいて、その先生ごとに専門分野が違うこともあるでしょう。その中で、楽曲に関する権利関係をはっきりさせたい場合、その専門の先生を利用する必要があります。これにより、心おきなく動画を公開することができます。

問題が発生した場合

自分でyoutubeの動画を音楽つきでアップした場合、たいていの場合訴えられることはありませんが、著作権に関連する音楽が使われている場合には訴えられることもあるかもしれません。多くの場合は、動画は削除されるだけで済みますが、絶対に訴えられないとも言い切れない場面があります。もし訴えられてしまった場合には、速やかに弁護士を利用すると良いでしょう。この時の利用目的は、発生したトラブルを早期にそして少ない損害で解決することです。弁護士を利用するならば、相談だけでは足らず本格的に契約をする必要が出てきます。着手金や成功報酬などを支払うことが必要ですが、着手金に関しては通常弁護士を利用した段階つまり契約をした段階で支払い戻ってくることは普通ありません。これに対し成功報酬の場合には、訴訟に成功したら支払わなければならないものです。負けてしまった場合などは、そもそも成功報酬を支払なくてよいわけです。ただし、ほとんどは判決が出る訳ではなく和解で終わってしまうことが多くなります。和解として妥当な金額を支払うだけですむ場合は、成功報酬を支払うべきでしょう。